スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『老師と少年』南直哉

    • 著:南 直哉
    • 出版社:新潮社
    • 定価:998円(税込み)
    老師と少年
    livedoor BOOKSで購入
    書評データ
    ★★★★★
    「ぼくには他人が当たり前だと考えていることがわからないのです。
     当たり前の世界には問うてはいけないこと、考えてはいけないことがあるのですか? けれどもぼくみたいに、それがどうしても忘れられず、考えずにいられない者もいるのです。…」

    少年は、ある日突然「ぼくはいつか死ぬ」という事実に気づき、「死ぬ」ことについて深く考え、「死ぬことも、ぼくがぼくであることも」何もかもが分からなくなり、怯えてしまいます。

    周りの大人は誰も、少年の欲している答えをくれはしません。

    そこで、少年は森の奥に庵に住む、一人の老師を訪ねることにしました。

    その日、少年は、自分が一人ではないということを知り、それから毎夜、これまで誰にも尋ねることのできなかったさまざまな質問を携えて、老師の元を訪れます。

    そして、七日間にわたる問答の後…。

    『本当の自分とは誰か?
    自ら命を断つことは許されるのか?
    注目の禅僧が放つ、九夜の問答。「生きる」苦しみの根源に迫る!』と、いうことで。

    青森県の恐山の「院代」で曹洞宗の僧侶である著者、南直哉(みなみじきさい)さんが「私なりの『お経』を書いた」と、どこかのインタビューでおっしゃってました。
    そのような本です。

    そう言えば、ブッダも「生・老・病・死」について深く考えて悩んだ末に出家したんだったっけかな、と学校で習ったことをふと思い出した。

    少年も、そういった、永遠に解決せずに人を苦しめ続ける、人間の根源的な問いを老師にぶつけるけれど、老師の答えは、いつでも煙に巻くような…。

    そんな一見、漠然としたやりとりのなかで、第三夜の「人間とは何ですか」の問いに対する、老師の言葉には心が痛くなるし、「『私』が『世界』に『他人』といた。」と気付いたその驚きも、すごく良く理解できる。

    「読後にストレスが残る本でしょうね(笑)」と、著者自身がおっしゃるように、確かにこの本に明確な答えを求めて読むと、そうかも。

    でも、最後まで「うーん」と唸りながら読んでいて、最後の最後に、「生きること」についての真の在り方を見つけられたような。

    「生きる意味より死なない工夫」

    思わず笑ってしまったけど、確かにそうだなと。

    これで一年また頑張れそうな…。
    0

      1

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      読書メーター

      uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

      新刊チェック

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        uririn
      • 『痺れる』沼田まほかる
        uririn
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        uririn
      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        いちれん
      • 『痺れる』沼田まほかる
        くり
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        智広
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        uririn
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        苗坊
      • 『永遠の0』百田尚樹
        uririn
      • 『永遠の0』百田尚樹
        苗坊

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      悪人
      悪人 (JUGEMレビュー »)
      吉田 修一
      読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

      recommend

      しずく
      しずく (JUGEMレビュー »)
      西 加奈子
      サイン本買っちゃった。

      recommend

      recommend

      たぶん最後の御挨拶
      たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
      東野 圭吾
      猫なんです…。

      recommend

      recommend

      recommend

      ねこの肉球 完全版
      ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
      荒川 千尋,板東 寛司
      たまらん。

      recommend

      ニャ夢ウェイ
      ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
      松尾 スズキ, 河井 克夫
      たまらん…

      recommend

      recommend

      僕たちの戦争
      僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
      荻原 浩
      とにかくお薦め。

      recommend

      出口のない海
      出口のない海 (JUGEMレビュー »)
      横山 秀夫
      たくさんの人に読んでほしい…

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

      PR