スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『Re−born はじまりの一歩』伊坂幸太郎、瀬尾まいこ、豊島ミホ、中島京子、平山瑞穂、福田栄一、宮下奈都

    Re-born はじまりの一歩
    Re-born はじまりの一歩
    伊坂 幸太郎,瀬尾 まいこ,豊島 ミホ,中島 京子,平山 瑞穂,福田 栄一,宮下 奈都
    2008/3/25発行 実業之日本社 P.269 ¥1,470

    ★★★★★
     ほんとうは幸せだけで育つ子なんか居ないとわかっている。私たちみたいに、ここが世界の底だと思うような目も見るだろうし、他人をそういう目に遭わせることもあるだろう。まっさらのまま生きていくなんてありえない。……
     でも、私は目の前に居る子どもを見て、ただ、この子に育ってほしいと願った。背負っていく罪だとか傷だとかとりあえず関係なく、幸せになってほしいと能天気なまでに思った。  〜『瞬間、金色』より〜

    音大の附属高校への受験に失敗し、音楽科のない新設の女子校に滑り込んだ、音楽家の母を持つ「私」。期待しない学校で、期待されない日々を送り、クラスの中で常に浮いている存在の「私」が、合唱コンクールの指揮者に選ばれてしまい…『よろこびの歌』宮下奈都

    入学して間もなく、大学へ通う代わりに、屋内の市民プールに足を運ぶようになり、無気力な日々を送っていた大学生の「克彦」。プールで泳いだ後、休憩していた克彦は、ウォーキングの老人ばかりのプールで、熱心に泳ぎを覚えようとしていた一人の老人に強引にコーチを頼まれ…『あの日の二十メートル』福田栄一

    親の都合で転校を繰り返し、新しい学校に溶け込む術をすっかり会得していたはずの「シンジュ」は、危険を承知でクラスで浮いている「ナナミ」と仲良くなり、卒業までイジメられ続けることに。
    そんな中学生活に終わりを告げ、心機一転、新たな気分で入学したはずの高校でも「シンジュ」をイジメ続けた女子と再び同じクラスになってしまい…『瞬間、金色』豊島ミホ

    父親の浮気から「解散」することにした、家族で過ごす最後の日、父親の携帯に見ず知らずの男から「友達になってください」とのメールが入り、親子三人はメール相手と会うことに…『残り全部バケーション』伊坂幸太郎

    他、『ゴーストライター』瀬尾まいこ、『コワリョーフの鼻』中島京子、『会ったことがない女』平山瑞穂の、7人の人気作家さんによる「はじまり」がテーマのアンソロジー。

    「迷い、揺れ、苦しみながら選びとった、これがわたしの生きる道――。
    時代を鮮やかに切り取りつづける7人の作家が描く、新たな出会いと出発の物語。
    オール書き下ろし&オリジナルの珠玉アンソロジー。
    わたしの人生、もう一度ここから。」と、いうことで。


    瀬尾さん、伊坂さんのが読みたくて買ったけど、一番印象に残ったのは福田さんの『あの日の二十メートル』と、豊島さんの『瞬間、金色』。

    特に『瞬間、金色』の「シンジュ」と「ナナミ」のつかず離れず(?)の関係がとても良くて、でも二人の青春は厳しくて…「生まれてこなきゃよかった」と昔つぶやいた「ナナミ」が、出産して感じた思い、それがすごくほっとしたというか。
    そして、いじめっ子にいったい何をして、あんなに怯えさせたのか…も知りたいところ。

    瀬尾さんの『ゴーストライター』は、最近出た『戸村飯店青春100連発』の元となった話、ということでそれを読む前に読みたかったけど、相変わらず少し心に痛い話という感じ。家を出て行く兄の、家族への思いが辛いというか、本当の気持ちが知りたくなってしまった。

    伊坂さんの『残り全部バケーション』も、相変わらず全く接点のないはずの、ちょっと変わった家族と、犯罪の片棒を担ぐ男との二つの物語が繋がっていく様がさすがだなと思わせられるお話で…「レバーをドライブに入れれば勝手に前に進む」という台詞は、心に刻みたくなる良い言葉かも。
    に、しても「解散」て、そんな『ホームレス中学生』みたいな…。

    「はじまり」の物語。まさに今の季節にぴったりだなと。
    ただ、「はじまり」の前には、悲しい別れがいつもつきものだなと、つくづく感じる今日この頃。ううっ。

    JUGEMテーマ:読書
    0

      『午前零時』鈴木光司、坂東眞砂子、朱川湊人、恩田陸、貫井徳郎、高野和明、岩井志麻子、近藤史恵、馳星周、浅暮三文、桜庭一樹、仁木英之、石田衣良

      午前零時
      午前零時
      鈴木 光司ほか 2007/6/30発行 新潮社 P.249 ¥1,365
      ★★★★★
      確かに夜の十二時は、午前零時とも言うわ。日付の変わり目の時間なのに、何も特別なことがないのは確かに変な気もして来たの。
       わかりやすくするなら、やっぱり太陽が出る時間から一日を始めればいいじゃない? それなのに、どうしてわざわざ夜中に日付を変えるのかしら。やっぱりその時間に何かあるからと考えるのは、それほど乱暴な話でもないでしょう?
      〜『夜、飛ぶもの』より〜
      午前零時前、バーのカウンターに居合わせた男女がそれぞれ心に思うのは…『ハンター』鈴木光司

      午前零時、決まってその時間に目が覚めてしまう女の後悔とは…『冷めたい手』坂東眞砂子

      日付の変わる午前零時、幼い少女だった「私」が見たものは…『夜、飛ぶもの』朱川湊人

      午前零時、日付が変われば16歳の誕生日を迎える少女たちを襲う恐怖の連続…『卒業』恩田陸

      美人で出来すぎの妻には何の不満もないのに、なぜか他の女性が気になる男の迎える午前零時の「お楽しみ」…『分相応』貫井徳郎

      記憶を失い「ゼロ」と名付けられた青年が、深夜の零時に行われたある実験で、向かった先は…『ゼロ』高野和明

      午前零時過ぎの深夜のテレビ番組で、雛壇を飾る女たちの物語…『死神に名を贈られる午前零時』岩井志麻子

      男から別れを告げられたその日から、部屋から一切出なくなってしまった「わたし」に、午前零時に届いた荷物とは?…『箱の部屋』近藤史恵

      彼女と暮らして3年、部屋を出て行ってしまった彼女を今もなお、午前零時になると、玄関で待ち続けるのは従順で美しいゴールデン・リトリーバーのサラ…『午前零時のサラ』馳星周

      自分よりも条件のいい男に乗り換えた女への復讐を誓い、午前零時、悪魔召喚の儀式を行う男の前に現れるのは…『悪魔の背中』浅暮三文

      町いちばんの美女が午前零時に次々と産み落としたのは、父親の分からない4人の美しい娘たち。やがて母親が町を出て行き、残された美しい娘たちは町の娼館で美しく花開き…
      『1、2、3、悠久!』桜庭一樹

      理不尽な人事配置の末、仕事に疲れ果てた男が逃げ出すように向かった先はインド北部のとある町。そこでは有名らしい「神様」にある願いごとをした男が迎えた約束の午前零時…『ラッキーストリング』仁木英之

      「28歳の11月1日その日最初に出会った相手と結婚する」と占い師に告げられた女がその日の午前零時過ぎを一緒に過ごすことになったのは…『真夜中の一秒後』石田衣良

      「今夜、運命は変わる、変えられる――イタズラな世界の24時×13夜を描く異色アンソロジー。
      長針と短針が交わる真夜中の1秒間、運命へのカウントダウンが始まった――鈴木光司、坂東眞砂子、朱川湊人、恩田陸、貫井徳郎、高野和明、岩井志麻子、近藤史恵、馳星周、浅暮三文、桜庭一樹、仁木英之、石田衣良――大注目の新鋭から超人気作家まで、13人の豪華執筆陣が描く、悲劇のようで奇跡のようなミッドナイト・ストーリー。」だ、そうで。


      電子書籍配信サイトTimebook Townで連載されていたそうで、若干軽めのアンソロジーに仕上がってしまってるような…。

      豪華執筆陣と、期待していただけに何となく肩透かしをくったような…とがっかりしていたら、後半、近藤さんの『箱の部屋』からちょっと盛り返してくれたという感じ。

      失恋して部屋から出たくなくなった主人公の気持ち、痛いほど分かるし、インターネットさえあれば、外出しなくても…というのも実感。そして同じように通販の箱を積み上げてしまっている私も、そろそろ片付けなければなと(夏休みにでも…たぶん)。

      そしてその次の馳さんの『午前零時のサラ』が一番良かった!ものすごく良かった(動物物に弱いからというのもあるけど…)。
      「かわる愛、かわらぬ愛…」に、納得。そして最後の主人公の気持ちがものすごく好きかも。
      でも、あんなに大事にしてたのに…、女の人の気持ちだけが理解できなかった。

      桜庭さんの『1、2、3、悠久!』の最後の一行も、仁木さんの『ラッキーストリング』のラストもなかなかで。

      あとは坂東さん、朱川さんのを覚えてるぐらいかな。

      初読みの浅暮さんのは、午前零時、悪魔がそんなに簡単に呼び出せるなら、私なら何をお願いするかなと、ちょっとわくわくしながら読めたかも。

      でも、この男のように別れた相手に未練はないから相手の不幸だけは願わずに済みそうな…。

      0

        『Sweet Blue Age』有川浩、角田光代、坂木司、桜庭一樹、日向蓬、森見登美彦、三羽省吾

        Sweet Blue Age
        Sweet Blue Age
        有川 浩,角田 光代,坂木 司,桜庭 一樹,日向 蓬,森見 登美彦,三羽 省吾
        2006/2/20発行 角川書店 P.374 ¥1,470

        ★★★★★
        賢くはなっていないかもしれないが、私たちはたしかに大人になった。もうあんなふうに人を好きになることはないだろう。傷を負うとわかっている場所にわざわざ足を踏み出すこともないだろう。              〜『あの八月の、』より〜

        あの頃から倍も年を重ねてみて、わかったことがあるとすれば、それは大人が決して賢くも強くもないということだ。                 〜『涙の匂い』より〜

        夜の大学に忍び込み、学生時代にサークルで製作したビデオフィルムを鑑賞する、夏紀と弥生。
        フィルムを回せば、10年前の、サークル内での入り組んだ恋愛関係がありありと映し出され…角田光代『あの八月の、』

        頭数合わせに急遽呼ばれたやる気のない合コンで、「好みの顔」の男、冬原に持ち帰られることになった、平均的小市民で地味なOL、聡子。
        冬原の職業柄、デートもままならず、電話やメールさえもやり取り出来ない状況の、究極の遠距離恋愛に不安になった聡子は、久しぶりに会った冬原に、言ってはいけない一言を口にしてしまい…有川浩『クジラの彼』

        他、日向蓬『涙の匂い』、三羽省吾『ニート・ニート・ニート』、坂木司『ホテルジューシー』、桜庭一樹『辻斬りのように』、森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』の、超、超豪華なアンソロジー。 

        「有川浩 角田光代 坂木司 桜庭一樹 日向蓬 三羽省吾 森見登美彦  できたてのセカイと、憂鬱なわたしたちの物語。   
        いま、最も鮮烈な7人の書き手がおくる青春文学ベスト・トラック集」だ、そうで。


        三羽さんと、坂木さんのを楽しみにして読んだけど、意外なめっけ物が…。
        あちこちのブログで目にして、気にはなっていたけど、まだ手を付けてない『図書館戦争』の有川さんの『クジラの彼』がすごく良くて。

        こんなに物語に惹き込まれて、まるで自分自身が恋をしているかのような錯覚に陥るとは…(それ程、冬原さんが好みのタイプだったもので、聡子が本気で羨ましくなってしまった、というより嫉妬してしまったかな。『図書館戦争』のシリーズも、単行本の『クジラの彼』も絶対読もうと…)。

        こういう相手を好きになってしまって、不安になる聡子の気持ちも手に取るようにわかるし、何か本当に「恋愛」してるなぁと…。

        そして名前も知らなかったけど、日向蓬さんの『涙の匂い』も、ストライクゾーンど真ん中というか。

        ここに出てくる、ものすごい田舎の中学生、保君にも、かなり心を奪われてしまった。
        多分、この子を好きにならない女の子はいない、と断言できるぐらいに、ほとんどの女性の理想中の理想のタイプなのではないかな。

        「いっぱい恋愛する必要はないから、若いうちにうんと不器用な男の子、一人だけ好きになんなさい」という台詞は、大人なればこそで…本当にその通りだと、ものすごく納得。

        しかも、このラスト…かなり好きな陰鬱さかも。
        「R−18文学賞」大賞の『マゼンタ100』も読みたくなってしまった。

        桜庭さんの『辻斬りのように』は、タイトルから全く想像できなかった展開で、これってタイトルだけは知ってる『少女七竈と七人の可愛そうな大人』の母親の話なのかな。

        「男などどれも同じだと思いこむまで。けして立ち止まるな。…」の迫力に圧倒されてしまったというか、これも、若い頃にはそうやって自分を傷つけたかもなと…かなり心痛む話で。

        角田さん、三羽さん、坂木さんのは、すごく「らしい」話で、はずれはないし、森見さんの『夜は短し歩けよ乙女』は、先に単行本読んでたので、もちろん面白くて。

        どんな青春物を読んで感動しても、面倒くさいから、もうあの頃には戻りたくないなーと思っていたけど、この本を読んでる間は「ああ、戻れるものなら、今の記憶を持ったまま、戻りたいあの頃に。そしたら失敗しないのに…。」と、切実に思ってしまった。

        やっぱり若いっていいな…と。
        0

          『最後の恋』阿川佐和子、他

          最後の恋
          最後の恋
          阿川 佐和子,角田 光代 2005年 新潮社 P.278
          ★★★★
           最後の恋。これで最後。それは、ラスト、という意味じゃなくて、ベスト、という意味なんだ。今、好きなひと。今、好きになったひと。そのひとのことが、今まででいちばん好き。そういう意味なんだ。だったらあたし、これが「最後の恋」でいい。
          〜『LAST LOVE』より〜

          三浦しをん、谷村志穂、阿川佐和子、沢村凛、柴田よしき、松尾由美、乃南アサ、角田光代、8人の人気女性作家による「最後の恋」をテーマにした、ちょっと大人で豪華なアンソロジー。

          老若男女問わず、誰からもモテモテの、かっこよくてスタイルも良くて、そのうえ性格も温厚な、非の打ち所のない「春太」と、「春太」が身も心もひとすじに愛する麻子との物語…『春太の毎日』三浦しをん

          年に一度だけ戻ってくる、世界中を飛び回る恋人に会うため、北海道から東京の自宅へと急ぐ、瑞江の恋物語…『ヒトリシズカ』谷村志穂

          父親から譲り受けた田舎町の海辺の食堂を切り盛りする二人きりの姉妹の物語。
          性格が正反対な妹の行く末を案じる姉は、病に臥せった妹の見舞いに次々やってくる男たちに唖然とし…『海辺食堂の姉妹』阿川佐和子

          たったひとつの取り柄が「スケジューリング」だと自覚する天音妙は、毎年決まって友人達と過ごす22歳の誕生日に、自分の今後の人生をスケジュールすることを決心し、計画通りに恋愛相手を見つけ…『スケジュール』沢村凛

          5年の付き合いを、メール一本で終わらせた男の「最後の恋」の行方を知るために3年の後、再び会うことにしたキャリア・ウーマン真由美の物語…『LAST LOVE』柴田よしき

          大学の文芸部で編集長を押し付けられた「わたし」が、来月号の締め切り前に部室で見つけた作者不明の原稿。決して振り向いてもらえない相手を思う、悲しい恋の物語を書いたのは、8人いる部員のうちの誰なのか?…『わたしは鏡』松尾由美

          思い詰めるほどの恋をしていた15歳の少女の頃に、神様に誓ったばっかりにそれが最後の恋になってしまったと、仕事帰りに立ち寄るバーのマスターに話す、バツ一の「孤独な私」に訪れる「最後の恋」の物語…『キープ』乃南アサ

          誰にも話したことのない過去の話を、荷造り中の妻に話すことにした男。貧乏学生だった頃、一つ上の綺麗な女性をデートに誘いたいがために、アパートの隣人から勧められた高額なバイトをすることにした男がそこで出会った、一人の老婆との不思議な物語…『おかえりなさい』角田光代

          『こんなに誰かを好きになるのは、この恋で最後かもしれない。
          どんな結果に終わろうと、永遠に輝きを失わない恋がある。“最後の恋”をテーマに、人気女性作家が個性と情熱で磨き上げた、宝石のような8つの物語。
          ホームページ「YEBISU BAR」「Yahoo!Books」で話題を呼んだ、大人のための上質な恋愛アンソロジー、登場』だ、そうな。


          去年までなら絶対に読まなかったと思う、この手の恋愛小説ものを読む気になったのが、今年一番の進歩だったかも。

          特に印象に残って、ラストに感動したのは、柴田よしきさんの『LAST LOVE』。
          メール一本で恋愛を終わらせる男なんかが「最後の恋」の相手でなくて良かったねと(心痛む思い出があるもので)心から、そう思う。

          初めて読む阿川佐和子さんの『海辺食堂の姉妹』は、なんとなく異国情緒漂うような、おとぎ話のような可愛いらしいお話だなぁと…、これもなかなか好きなお話。

          三浦しをんさんの『春太の毎日』は、モテモテの「春太」がどんなに嫌みな奴なのかと思ったら、そりゃ誰にでも愛されるよな、この男なら…と。
          これもなかなか心温まるお話で。

          谷村志穂さんの『ヒトリシズカ』と、松尾由美さんの『わたしは鏡』は、ラストに驚かされてしまった(全然種類の違う驚きだけど)。

          そして意外にも、これまで、あんまり好きでなかった乃南アサさんの『キープ』の主人公には、一番共感してしまったかも。

          神様に「これが最後の恋にしてください」と願うのも、過去何十回そんな言葉を日記に書き綴ったことか…(しかもわざわざ出雲大社に行ってまで、そんなことをのたまわってしまったから、願いが聞き入れられてしまったのか…、解除とかしてもらえないかな)。

          「私は誰も愛していない。
           私には思い浮かべる人がいない。
           私は誰も好きじゃない。」

          私も、ふとそう考えて「空っぽ」な自分に気づいて愕然とすることが、最近よくある。
          一人でいるのは好きだけど、「好きな人」が全くいないというのは、淋しすぎるかも。

          いろいろ心配事が多かったこの三年の「大殺界」をようやく抜けられそうなので、来年は本ばかり読んでないで「最後の恋」の相手を見つけに走ろうと、密かに誓いを立ててたりなんかして。

          『LAST LOVE』の「最後の恋」の相手みたいな人が現れればいいけど…(要するに動物に優しい人ってことかな)。

          0

            1

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << November 2017 >>

            読書メーター

            uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

            新刊チェック

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
              uririn
            • 『痺れる』沼田まほかる
              uririn
            • 『絶望ノート』歌野晶午
              uririn
            • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
              いちれん
            • 『痺れる』沼田まほかる
              くり
            • 『絶望ノート』歌野晶午
              智広
            • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
              uririn
            • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
              苗坊
            • 『永遠の0』百田尚樹
              uririn
            • 『永遠の0』百田尚樹
              苗坊

            recent trackback

            recommend

            recommend

            recommend

            recommend

            recommend

            recommend

            悪人
            悪人 (JUGEMレビュー »)
            吉田 修一
            読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

            recommend

            しずく
            しずく (JUGEMレビュー »)
            西 加奈子
            サイン本買っちゃった。

            recommend

            recommend

            たぶん最後の御挨拶
            たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
            東野 圭吾
            猫なんです…。

            recommend

            recommend

            recommend

            ねこの肉球 完全版
            ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
            荒川 千尋,板東 寛司
            たまらん。

            recommend

            ニャ夢ウェイ
            ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
            松尾 スズキ, 河井 克夫
            たまらん…

            recommend

            recommend

            僕たちの戦争
            僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
            荻原 浩
            とにかくお薦め。

            recommend

            出口のない海
            出口のない海 (JUGEMレビュー »)
            横山 秀夫
            たくさんの人に読んでほしい…

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            みんなのブログポータル JUGEM

            使用素材のHP

            Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

            PR