スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『鹿男あをによし』万城目学

    鹿男あをによし
    鹿男あをによし
    万城目 学 2007/4/10発行 P.394 ¥1,575
    ★★★★
     確かにおれはこの奈良という土地のことをほとんど知らない。知っていることといったら、せいぜい寺と大仏と鹿がいることぐらいだ。ひょっとしたら、おれが知らないだけで、堀田の言うように、本当に鹿に乗るなんていう習慣があるのかもしれない。何だか急に自信がなくなってきた。まるで異国に迷いこんだ旅人の気分だ。……

    助手との関係がぎくしゃくしていることを理由に「きみは神経衰弱だから」と、教授にうまく言いくるめられ、大学院の研究室から追いやられるかのように、二学期の間だけという期限付きで奈良県にある女子高に常勤講師として出向くことになった、研究員の「おれ」。

    女ばかりの女子高で、担任を受け持つことになった「おれ」は、赴任して早々クラスの女生徒「堀田イト」から嫌われてしまい、トイレに駆け込む日々を送ることに。

    けれども、与えられた講師の仕事をまっとうしようと心に決め、教頭から剣道部の顧問を任された「おれ」に、さらなる受難が。

    何の因果か「シカるべきときに、シカるべき相手から渡される」という「神宝」の運び番に選ばれたものの、重大な任務をしくじってしまい、印をつけられた「おれ」が、朝、鏡を見るとそこには鹿の耳が…。

    『「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された空前絶後の救国指令!?「並みの天才じゃない」と金瑞人氏激賞!』だ、そうで。


    奈良が舞台なだけあって、何とも壮大なスケールのお話で、その発想も、歴史的背景も、全ての繋がり方が、流石としか言いようがないかな。

    しかも読んだこの日に、まさに大きな地震が起こったりしてるし、まんざらなさそうな話でもないように思えたし、そんなことが本当にあるのなら、あったらいいなと思えるお話で。

    大好きな干支のお話(なんで猫が十二支に含まれなかったかという…)も出てきたし、奈良が「寝倒れ」というのは初めて聞くお話で、何だかとても勉強にもなったし、何よりもおっさんの声で話す雌鹿に…もうやられまくりかも(登場人物には、あまり魅力を感じなかったけど、その分、神や動物たちの偉大さが活きていたような)。

    恋心一つで1800年もの間、約束を守り続けるというその想いに、最後は涙してしまったし。

    中学生の頃、遠足で行った奈良公園では、わらわらと近寄ってくる鹿さんたちにお弁当を横取りされて悔しい思いもしたし、二ヶ月ほど前に遊びに行ったときにも、鹿せんべい目当てに寄ってきた鹿さんたちに、背中から角でぐりぐりされたり、さんざん鼻水をなすりつけられたりもしたけど、鹿の純粋無垢(そうな)大きな黒目はものすごく可愛いし、人懐っこいし、こんなに鹿に触りたい放題できる奈良ってやっぱりいいなぁと、無性に奈良に住みたくなってしまった。

    ぽろぽろのふんさえも何故か可愛いし…。
    0

      『鴨川ホルモー』万城目学

      鴨川ホルモー
      鴨川ホルモー
      万城目 学 2006年 産業編集センター P.281
      ★★★★★
       俺ははじめ、目の前で展開されているものの意味を理解することができなかった。
       だが、これこそが京大青竜会に代々伝わる舞である、と気がついた瞬間、俺の頭のなかを強烈な痺れがぐんぐんと広がっていった。
       一糸乱れぬ、統一された舞とともに、彼らの歌う野太い旋律が、静まり返った境内に響きわたった。
       俺は、その歌を知っていた。どういうわけか知っていた。

      全ては、何をするサークルだかさっぱりわからない「京大青竜会」のサークル勧誘の、一枚の怪しいビラから始まった。

      時は五月、この春二浪の末、めでたく京都大学に入学したばかりの安倍は、葵祭のエキストラのバイトを終えた帰り道、同じくエキストラで参加していた京都大学の新入生、京大ファッション全開の男「イカキョー」な、帰国子女の高村と、上賀茂神社を「たまたま」一緒に歩いていたところを呼び止められ、新歓コンパにぜひ参加するようにと、ビラを渡された。

      すわ、何かの宗教関係か、と訝しがりながらも、この数ヶ月はコンパを渡り歩いて食い繋ぐしかない「びんぼうひまなし」の安倍は、とりあえずタダ飯を食べさせてもらおうと、ビラに書かれていたコンパ会場、三条木屋町の居酒屋へ。

      適当なところで切り上げるつもりが、そこに参加していた同じく新入生の女の子の「鼻」に一目惚れしてしまい、気づいたときには、このわけのわからないサークルの新たなメンバー、十人のうちの一人としてカウントされ…。

      そして、嵐山バーベキュー、比叡山ドライブ、琵琶湖キャンプと、牧歌的なサークル活動を経て、迎えた祇園祭の宵山の日、安倍たち新メンバーは初めて「京大青竜会」の真の姿、「ホルモー」たるものの何たるかを知ることに……。

      「第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞作!
      京都の街に巻き起こる、疾風怒濤の狂乱絵巻。都大路に鳴り響く、伝説誕生のファンファーレ。
      前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。『鴨川ホルモー』ここにあり!!」だ、そうで。


      タイトルの「ホルモー」って何だろう、何だろうと、本屋さんで見かけるたびに気になって仕方なかったけど、やっとすっきり。

      出てくるのが馴染みの深い場所ばかりで、あんなところで、こんな儀式を…と、その光景を思い浮かべると大爆笑なんだけど…、しかし何故にあの歌が?(まあ、うまいこと春夏秋冬になってたなと、感心したけど…)

      「いかにも京大生」な、すごくおぼっちゃまらしき高村と、大木凡人似の楠木さんのキャラには、結構やられてしまったかも。

      いや、しかし安倍のにぶさときたら…(そこが京大生なのか)。

      そして何より「まさし」ファンの私としては、安倍の持ってる特別編集のビデオを是非ともお借りしたいかなと。
      そこはかなり「ツボ」に嵌った。

      これから、市内を歩いててどこかから「ホルモオオオォォォーッ」の叫び声が聞こえてきたらどうしようかと…(京都には、そういうのが現れてもおかしくない妖しげなところが確かにあるなぁと)。

      0

        1

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR