スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ナイフ・エッジ―剃刀舞踏会』鳴海章

    ナイフ・エッジ―剃刀舞踏会
    ナイフ・エッジ―剃刀舞踏会
    鳴海 章 2006年 徳間書店 P.334
    ★★★★★
    こずゑは最後まで叫ばなかった。
    だからこずゑが好きになったのかも知れない。

    連続放火事件の容疑者である女子高生、こずゑの異様な死によって、事件の行方がわからなくなり、証拠固めのために躍起になる、放火事件の犯人を追い続けていたベテラン刑事、成松。

    死体を抱き、凶器を握ったまま発見された、こずゑと同じ高校のソフトテニス部に所属する少年、加納智史の事情聴取を少年係の女性巡査に任せ、成松は二人の高校生の副担任であった国語教師、國島の事情聴取にあたることに。

    少年犯罪の担当になってからは、言葉を持たない被疑者の頭の中に広がる闇を、ただ翻訳することに専念してきた上村巡査がじっと口許を見つめる智史の口から零れ出てきたのは、自殺した容疑者の女子高生「天然記念物」とあだ名されるほど、今どきの高校生にしては珍しく、規則通りの頭髪、服装を守る、目立たない女の子という周囲の評判とは全く別の、こずゑの真実の姿。

    そして学校という、ある種閉ざされた空間で起こった数々の事件が明るみに…。

    「剃刀の刃の上で踊るような、
    斬られる痛みも切る痛みもどちらも同時進行の人生を、
    人は皆、歩んでいかねばならないのか。
    暴発する若い性、行き場のない焦燥、
    死の淵と隣り合わせの喪失感……。
    高校を舞台に教師と生徒の異常な人生模様が絡み合う、鳴海章の衝撃作!」だ、そうな。


    読み始めてすぐに、ちょっと間違ったかな(あまりに、濃い目のシーンが多過ぎて…)と、思ってしまったけど、半分過ぎた辺りからは面白くなってきた(その辺で、ああ放火事件の事情聴取だったんだと、思い出してから)。

    もともと女子高だったのが、共学になり、部員の少ない肩身の狭い男子の運動部での鬱屈したイジメとか、美術部員を調教するサディストの美術教師とか、集団暴行とか、それらのシーンに力入り過ぎ…なので、ことの発端のこずゑの事件をすっかり忘れてしまってた。

    確かに高校生ぐらいの男の子って、こんなだったなぁと。
    こずゑに逆に翻弄され始めるのも、その世代ならでわというか、結局男の子の方が「お子様」と言うか…その辺は面白かったかな。

    まったくどんな展開になるのか読めなかったから、「ああ、そういうことか」と妙に納得できたかも。

    でも、やっぱりそっち方面に力入れ過ぎなような…まあ、刺激のまったくない生活を最近送っているので、なかなか刺激的ではあったけど。
    0

      1

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      読書メーター

      uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

      新刊チェック

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        uririn
      • 『痺れる』沼田まほかる
        uririn
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        uririn
      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        いちれん
      • 『痺れる』沼田まほかる
        くり
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        智広
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        uririn
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        苗坊
      • 『永遠の0』百田尚樹
        uririn
      • 『永遠の0』百田尚樹
        苗坊

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      悪人
      悪人 (JUGEMレビュー »)
      吉田 修一
      読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

      recommend

      しずく
      しずく (JUGEMレビュー »)
      西 加奈子
      サイン本買っちゃった。

      recommend

      recommend

      たぶん最後の御挨拶
      たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
      東野 圭吾
      猫なんです…。

      recommend

      recommend

      recommend

      ねこの肉球 完全版
      ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
      荒川 千尋,板東 寛司
      たまらん。

      recommend

      ニャ夢ウェイ
      ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
      松尾 スズキ, 河井 克夫
      たまらん…

      recommend

      recommend

      僕たちの戦争
      僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
      荻原 浩
      とにかくお薦め。

      recommend

      出口のない海
      出口のない海 (JUGEMレビュー »)
      横山 秀夫
      たくさんの人に読んでほしい…

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

      PR