スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『月への梯子』樋口有介

    月への梯子
    月への梯子
    樋口 有介 2005年 文藝春秋 P.253
    ★★★★★
    「でもカラスなんか、汚くてゴミを荒らすし、みんなが嫌うよ。カラスがカワセミぐらいきれいなら、カラスも人間も、幸せになれるのに」
    「カラスにはカラスの宿命があるんだ。人間のすべてが幸せでないのと同じように、鳥のすべてが幸せとは限らない。幸せも不幸せも、みんながそれぞれ、分担して生きてるわけだよ」
    「不幸せのほうを分担した鳥は、可哀そうだね」
    「可哀そうだなあ」
    「不幸せのほうを分担した人間も、可哀そうだね」
    開いている店がまばらな下町の小さな商店街の側にある、築二十年、家賃が4万そこそこの古アパート「幸福荘」。
    両親の遺してくれた、このアパートの家賃と、この辺りの土地の貸地料で生活している大家の「ボクさん」は、ときどき自分が何をしようとしていたのか、わからなくなる。
    時間をかければ何でも思い出せるし、難しいことも理解できるのだが、幾分人よりは動作の鈍い、魯鈍な「ボクさん」。

    アパートの水道、風呂、壁や屋根の修繕など、メンテナンスに関する限りプロ並みの技術を持ち、ゴミの分別や植木の手入れにと、忙しく働く「ボクさん」に、近所の人達も、アパートの住人達も、みんなとても好意的で、優しい。

    親切な人たちに囲まれて、「ボクはなんて運がいい」と、「ボクさん」は、日々幸せをかみしめている。

    そんな「ボクさん」が、外壁の塗り替え作業のために梯子に昇り、そこで見たアパートの一室の光景に驚いて、梯子から落ち、病院に運ばれた。

    病院で目覚めた「ボクさん」は、以前より意識がすっきりしていると感じ、話し方も、外見も、まるで人が変わってしまったかのようで…。

    意識の戻った「ボクさん」につきつけられた現実は、アパートで事件が起こり、その後、アパートに住んでいた全員が行方をくらましてしまったということ。
    家賃をもらえなければ、生活できなくなってしまう…と、「ボクさん」は、行方不明になったアパートの住人探しを始めるのだが…。

    『「知る」ことで、あなたは不幸になった。
    真実を知ることは哀しみの始まり。なのになぜ、ひとは身を切られる痛みの中で、それを求めずにいられないのか。待望の書き下ろし長篇ミステリー』だ、そう。


    「アルジャーノン」なのか、「ビリー・ミリガン」なのか…どっちにしてもダニエル・キイスか。
    途中までは、そう思いながら読んでしまったけど…。

    頭を打ってからの「ボクさん」の以外な行動にはちょっと引いてしまった。
    あれは、相手を思ってのことだったのか、それとも自分自身のためなのかが、私には分からなかった。
    知らなくても良かったことを知ってしまうと、人はずるくなってしまうのか…。

    事件後、姿を消してしまった、刑事さんの言うところの「悪の巣窟だった」という、アパートの住人たちの「隠したいこと」は、なかなか面白い。

    人が変わっていく様子を見るのは、とても好きなので、「ボクさん」の変貌も面白かったけど、最後がなぁ…。

    映画『レナードの朝』のロバート・デ・ニーロと「ボクさん」がちょっとだぶってしまった(あれは、パーキンソン病の話だったかな?)。

    「ボクさん」が「運がいい」と思えるのは、ひとえに、そのように教えて、育ててくれた立派なお母さんのおかげで、「僕がみんなに親切にして、僕がいい人になれば……」と、私にもこれが実践できれば…ナンバーズも当たるかな。
    0

      1

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      読書メーター

      uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

      新刊チェック

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        uririn
      • 『痺れる』沼田まほかる
        uririn
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        uririn
      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        いちれん
      • 『痺れる』沼田まほかる
        くり
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        智広
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        uririn
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        苗坊
      • 『永遠の0』百田尚樹
        uririn
      • 『永遠の0』百田尚樹
        苗坊

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      悪人
      悪人 (JUGEMレビュー »)
      吉田 修一
      読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

      recommend

      しずく
      しずく (JUGEMレビュー »)
      西 加奈子
      サイン本買っちゃった。

      recommend

      recommend

      たぶん最後の御挨拶
      たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
      東野 圭吾
      猫なんです…。

      recommend

      recommend

      recommend

      ねこの肉球 完全版
      ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
      荒川 千尋,板東 寛司
      たまらん。

      recommend

      ニャ夢ウェイ
      ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
      松尾 スズキ, 河井 克夫
      たまらん…

      recommend

      recommend

      僕たちの戦争
      僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
      荻原 浩
      とにかくお薦め。

      recommend

      出口のない海
      出口のない海 (JUGEMレビュー »)
      横山 秀夫
      たくさんの人に読んでほしい…

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

      PR