スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『悼む人』天童荒太

    悼む人
    悼む人
    天童 荒太 2008/11/30発行 文藝春秋 P.450 ¥1,700
    ★★★★★
     彼の名前は、聞きそびれました。だからわたしは、〈悼む人〉と呼んでいます。
     彼のことを知りたいです。あのときもですけど…時間が経つごとにいっそう、彼のことをどう考えればいいのか、わからなくなってきたのです。
     彼はいまどこですか。何をしていますか。なぜあんなことをしていたのでしょう。いまもああした行為をつづけていますか。
    〈悼む人〉は、誰ですか。

    大好きだった祖父や親友の死をきっかけに、この世で唯一の存在であったはずの人たちを忘れ去ってしまうことの罪悪感から、仕事を辞め、見ず知らずの死者を「悼む」ために全国を放浪する青年、坂築静人。

    そんな静人の「悼み」の現場を偶然目撃し、「そんなことをして一体何になるのか」と静人の偽善的とも取れる行為に疑問を抱き、彼が本物なのかどうなのか確かめるように目撃証言をネットで募りだしたのは、取材の強引さから陰では「エグノ」と呼ばれる週刊誌記者、父親との確執から、自らの家庭もうまく築けなかった薪野。

    夫を殺害し、罪を償って出所したものの居場所をなくした女は、殺害現場で、夫を「悼む」静人に出会い、彼の旅に同行することに。

    一方、静人の心情を理解しつつも、その身を案ずる母巡子は、末期の癌に侵され、家族に見守られながらの自宅での死を望み、静人の帰りを待ちわびる。

    母の病を知りもせず、ひたすら死者を「悼み」続け、時には、遺族から罵倒され、また、時には感謝されながら、さまざまな死者を心に刻みつけようとする静人。

    そして蒔野のHPには、日に日に「悼む人」静人の目撃証言の書き込みが増えていき、蒔野自身の取材の方向にも変化が訪れ、凄惨な事件の被害者の、あまりにも意外な「生前」の過去を知らされることに……。

    「聖者なのか、偽善者か?〈悼む人〉は誰ですか?七年の歳月を費やした著者の最高到達点!」…だ、そうで。


    大切な人や、大切な生き物たちが唯一の存在であったことを、忘れないように…というのは、ものすごく理解できるけど、見ず知らずの赤の他人のそれだけの膨大な数の死者のこと、本当に全部覚えていられるかなと、最近記憶力の全くなくなった私には、何だか「痛む」お話で。

    うーーーん……これは難しい。
    何だか『包帯クラブ』の大人版のようでもあり。
    テーマや、天童さんの「思い」はすごく伝わるけど、その分なんだかしんどくなって、読むのにものすごく時間がかかってしまった(正直、最初はつまらないと思えてしまったし)。

    ただ、静人に同行するようになる倖世が登場したあたりから、ちょこっと読み進めやすくなったかな(夫を殺害するに至った真相も、興味深くて)。

    何より、延命を望まず自宅でのケアを望む母親の、ひしひしと迫り来る癌との闘いは圧巻で、ものすごくリアルに感じられるし、でも、もし自分がそうなったら…多分こんなに強くなれないなと、そこは素直に感動してしまった。

    相変わらず、天童さんらしく、記者の薪野の父親との確執や、倖世の夫との関係とか、「家族」の難しさみたいなのも書かれているけれど…いったい天童さんはどこへ向かおうとしているのかなぁと。
    天童さん自身が、静人のようにノートをつけていると知って、なおさらに…。

    結構エグかった『家族狩り』や、『孤独の歌声』にはものすごく癒されたけど、そういうのがあまりなかったこれにはあまり癒されなかったのが、逆に不思議かも。

    JUGEMテーマ:読書


    0

      『家族狩り オリジナル版』天童荒太

      家族狩り オリジナル版
      家族狩り オリジナル版
      天童 荒太 2007/10/20発行 P.562 ¥2,415
      ★★★★★
      「……愛することはとても難しい。親なら、家族なら、しぜんと愛があるだなんて幻想です。家族が幸せであること、それは幻想ではなく、希望であり目標です。でも放っておいて手に入る幸福などありません。努力が要るのです」

      息子を半ば自殺同然の事故で失った責任を全て妻に押し付け、その挙句妻を精神的に追い詰め、家庭を崩壊させてしまった刑事、馬見原。

      恋人から妊娠を機に結婚を迫られても「堕ろしてくれ」としか言えない、父親に自由を奪われたことで、他人との関わり方や「愛」がわからないままに大人になってしまった美術教師、巣藤。

      父親のせいで不自由な身体となり、今は痴呆が進み不自由になってしまった父親に振り回され、自身は子どもを産むことに不安を感じながら、他人の家庭のことに心を砕く、児童相談センターに勤める氷崎遊子。

      アパートの隣家で起こった惨たらしい一家惨殺事件の第一発見者となったことから、その後の同様の事件にも深く関わることになり、テレビカメラへの学校批判ともとれる発言と、女生徒との不祥事から学校を追われることになった巣藤は、「何もしなかった」という罪を自らに課すことに。

      巣藤を学校から追い出す直接の原因となった女生徒を気に病む氷崎は、巣藤を罵りながらも、自分自身もまた無力感に苛まれる。

      また、児童虐待の被害者となった母子と深い関係に陥り、加害者である夫に執拗につきまとわれる馬見原は、自身の家庭よりも母子を守ることに躍起になり、再び妻を追い詰め、狂気へと走らせてしまう。

      それぞれの事情を抱え、頑ななまでに「家族の愛」に背を向けて生きる3人が、それぞれの立場から事件の真相に行き着いたとき、新たな凶行に巻き込まれ……。

      『「……オヤジに、姦られた」「ぶっ殺してやるっ」衝撃のオリジナルバージョン!
      きっかけは1本の電話だった。声の主は、一家皆殺しを宣言して受話器を置いた……。あまりにも残虐すぎる連続殺人、ページを捲るごとに満ちていく狂気。迷える子どもらに救いの日は訪れるのか? 1995年発表、1996年に山本周五郎賞を受賞し、文庫120万部ベストセラーの種子となった大作が、ファンの熱い声を受け堂々の刊行。』だ、そうで。


      全5巻の文庫版のオリジナル版、是非読みたいと思っていたのでこの刊行はめちゃくちゃ嬉しいなと、いそいそと読み始めたら、これは文庫よりエグいような…(文庫もそこそこだけど)。

      一家惨殺事件の殺され方は想像を絶するし、そんな殺され方、死んでも嫌だなぁと(いや、これなら死んだ方がまし、というか…)。

      骨格は同じだけど、別物と思って読んでもいいくらいなのかも(文庫版の話をすっかり忘れてしまってるのかもだけど)。

      自分のところだけは大丈夫だと思っていても、外部から災厄をもたらされるというか、「家族の問題」は、その一家だけに留まらないという二つの災い(?)の繋げ方が絶妙で、上下二段の560ページも、苦もなく読めてしまうくらいにやっぱり惹き込まれてしまった。

      この話がなんでこんなに好きなのかと、オリジナル版を読んでみて再び考えてみたけど、やっぱり最初の頃の巣藤のひねくれた「結婚観」に全く同調してしまうからで、そして事件と関わっていくらか変わっていく巣藤にもまた、共感できるというか、色んなことから逃げないで考えようとすること、人間は変われるということ、そういうのがすごく自分自身の今と重なり合ってるからなのかも。

      そしてこれは今回初めて知った気がするけど、この3人が全員AB型というのも、同じAB型なのでなんだか納得してしまった(こんな風に醒めていても、所詮は愛がなければ生きられないなと痛感しているのに、なかなか素直になれないなぁというか、強がりすぎてるなぁとつくづく…)。

      そして「幸福」には努力が必要だとも、つくづく。

      JUGEMテーマ:読書
      0

        『あふれた愛』天童荒太

        あふれた愛
        あふれた愛
        天童 荒太 2000年 集英社
        ★★★★★
        心身の健康や、願っていた夢や理想、またかけがえのない大切な人を失いながらも、なお人への思いやりを忘れない人がいます。決して簡単な道ではなく、長い時間が必要だったうえ、いまも完全には癒されていないのに……深く傷ついたがゆえに、人の痛みに寄り添おうと努めていらっしゃる方がいる……。
         この本は、そうした讃えられるべき人々によって、支えられたものと信じています。                            「謝辞」より

        仕事に忙殺される男は、一歳半になる娘を、風呂に入れることを楽しみとしている。
        娘のアトピーのために、いつも家を塵一つないように綺麗に保つ妻は、腎臓に疾患を抱える夫の身体を考えた愛妻弁当も欠かさない。良き妻、良き母を頑張ってこなしている。
        そんな妻が、ある日「娘を殺してしまいそうになる…」と夫に訴える…「とりあえず、愛」

        働きすぎからくる「不安神経症」と診断され、休職を余儀なくされ、ストレス・ケア・センターに入院することになった男。
        仕事を休むことに最初のうちは罪悪感を感じ、自分の弱さや、存在価値について悩み、病室から出ることさえできずにいたが、時間が経つにつれ、外の世界にも興味を持てるようになり、センターの近くを散歩できるまでに回復した。
        そんな彼が、あるレストランで働く一人の少女と出会い、失っていた「男」としての自分を取り戻していくのだが…「うつろな恋人」

        ともに心に深い傷を持ち、病院の「社会復帰病棟」で出会った二人。
        退院してからは、二人で支えあって生きていこうと約束していた。
        けれど周囲の人間はそんな二人の生活を不安に思い、ある条件を満たすことで二人を認めることにした。
        そして、二人の願いが叶う日まで、あと少しという時、自分が母親になれるということなど考えもしなかった彼女は、妊娠していることを知らされ…「やすらぎの香り」

        テレビのニュースで人の死を見て「またかよ」とつぶやく十九歳のフリーアルバイター。
        他人の死も、自分の命も「軽い」と思ってしまう…。
        「世界は自分なしでも回ってゆく」のだと悟ったようなことを思い、自分なんかいなくても、誰も気にはとめないという思いから、ときおりバイクで無茶な運転をしてしまう。
        そんな彼のバイト先のコンビニで、買い物客が突然倒れ、彼は真っ先に救急車を呼ばなかったことに良心の呵責を感じる。
        そんな彼の前に、亡くなった男の妻だと名乗る女性が現れ、彼に話を聞きたいという…「喪われゆく君に」
        「生きていくということ……その意味と真実を問いかける四つの物語」


        天童さんの本を読み、言葉を聞くことで、私はものすごく癒されてしまう。
        特に「やすらぎの香り」と「喪われゆく君に」に。

        一緒に暮らす二人の「誰かと生きることに、漠然と不安を感じて、つい臆病になる自分を……だめな奴だ、人間失格だって責めてた。けど、いまは、不安に思うのは、しぜんなことだってわかってる。……けど、それでも一緒にいたいと思うんだ。離ればなれになることのほうが、ずっとつらい。…」という台詞は、切なくて心が痛くなる…。

        彼女が公園で、目の前で転んだ少女を助け起こすことがとっさにできなくて、そんな自分を「だめな人間」だと考えてしまうとこも、バスを降りるときのブザーが「自分なんかのために…」という理由から押すのが怖くなるというのも、すごくよく分かる。
        彼女を助けられなかった彼が、再び病院に入院したときは、こっちまで悲しくなった。
        そしてラストシーンもすごく良い。
        懸命に生きる、ひたすらにひたむきな二人の姿がとても美しいと思った。

        「喪われゆく君に」の、青年のラストのひと言には、思わず涙が溢れてしまった。
        彼にこう言わせるまでの過程も、すごい。

        『永遠の仔』の執筆過程で、浮かんだ素材やテーマを別の形で表現したいという欲求から生まれた、と書かれてるけど、一つ一つが短い分、濃縮されてて、とても読みやすかった。

        病院の院長の台詞で「きみは病気というより、むしろ心が疲れた状態のようだ…」というのが出てくるけど、少し、心が疲れたときに読むと、天童さんの言葉の一つ一つは、すごくよく効く薬みたいに私には、思える。
        0

          『永遠の仔』天童荒太

          永遠の仔〈上〉永遠の仔〈下〉
          永遠の仔〈上〉永遠の仔〈下〉
          天童 荒太 1999年 幻冬舎
          ★★★★

          「許してもらえますか。こんなわたしを許して、助けてくれますか。本当の自分に生まれ変わって、生きてゆけるように、救ってくれませんか。」そう、少女は祈っていた…。

          1979年、初夏。
          「ぼくたちを救ってよ」その呼び声に導かれ、少女は二人の少年達と出会った。
          三人の子供達は、それぞれの事情で、愛媛県にある病院の児童精神科に入院させられていた。
          いつかここから脱出し、遠くに行くことを計画していた二人の少年、ジラフとモウル。
          そこに現れたのは、救世主のような優希という少女。
          彼女は、必死に自分に救いを求める二人の少年達に戸惑っていた。
          そして、ある嵐の夜、病院から抜け出した三人は嵐を避けるために入った洞穴で、一夜を過ごし、お互いの秘密を打ち明けあう。
          そこで語られたのは、三人のおぞましい過去の傷跡…。
          その日から、ジラフとモウルは、優希を必死で守ろうとする。
          優希の、それはまだ続いていたのだから…。
          そして、優希の退院前、霊峰登山で起こった事故…。
          それぞれに秘密を胸に抱えたまま、三人は病院を後にする。

          それから17年…連絡を取ることもなく、別々の人生を歩んでいたはずの三人は、運命に導かれるように、再び、出会ってしまった。
          今度は、看護婦と弁護士、そして刑事として…。

          再会した後、次々と周囲で起こる殺人事件。三人はこの事件にどのように関わっていくのか…。

          二度と会わずに、お互いをそっと見守り続けていれば良かったのに…。

          2年ぐらい前かな?「家族狩り」が文庫化されて、初めて天童さんを知って、とにかく他のも読みたくなって、探しまくって、やっと見つけた。
          それから間もなくして文庫化されるとは露知らず…。うう。
          そして一気に読んだ。
          先を読めば、救われるのかと思って、必死で読んだ…。
          読み終わった後は、しばらく茫然としていた。
          こんな凄い小説を書く人がいたことに…。
          とにかく重い…。
          本も中身も…。

          この小説で、唯一の救いは、ジラフを引き取ってくれた叔父?夫婦かな…。
          この二人が出てくると、涙が出てしまう。
          いい人たちだ…。
          0

            『包帯クラブ』天童荒太

            包帯クラブ The Bandage Club
            包帯クラブ The Bandage Club
            天童 荒太 2006年 ちくまプリマー新書 ¥760
            ★★★★

            おれは、ただ知りたいんだよ。人がどんな気持ちでいるんだろうって。どんな風に感じてんだろうって。それだけさ。でも、それだけって言うから、よく怒られちゃうんだ。何もできないよ、つらい想いをしてる人に、おれは何もできない。

            愛なんて存在しない…。
            そう考える16歳、高校2年生の笑美子、あだ名は“ワラ”
            ふと、高いところから自分の町を見下ろしたくなって、病院の屋上へ。
            そこで入院患者の少年“ディノ”と出会う。
            二人の出会いから「包帯クラブ」は生まれた。
            仲間は“ワラ”の中学からの親友“シオ”
            そして二人のバイト先の友達“ギモ”
            三人は、それぞれの心の傷口から流れる血を止めるために、傷ついた場所へ、包帯を巻きに行く。
            それは公園のブランコだったり、デパートの屋上、学校の教室…。
            そして、今も傷ついてる人達のために、彼らは立ち上がる。

            6年ぶりの書き下ろし、だそうなので心して読んだ。
            短くて、字も大きいからすぐ読めてしまった…。
            今の若い子達にぜひ読んでほしいなぁと思った。
            友達との関係や、家族との関係がとてもリアルな気がする。
            特に“ディノ”の考え方、生き方、受けた傷が…とても心に痛かった。

            大人になった彼らも彼ららしくて、ほっとした。
            本当にどこかにいそうで…。
            0

              『孤独の歌声』天童荒太

              孤独の歌声
              孤独の歌声
              天童 荒太 1997年 新潮文庫
              ★★★★★
              隠しごとのないことが、よい家族であるような幻想があるけれど、わたしには、家族ほど秘密の多い集まりはないし、秘密をかかえたままだからこそ、どうにかまだ家族として暮らしていけるのだという気がする。

              真夜中のコンビニ…。
              突如現れたのはフルフェイスのヘルメットを被った強盗。
              強盗犯を捕まえようとして刺されたのは、アルバイト店員の中国人留学生、高。
              その場に居たのは、もうひとりのアルバイト店員、歌手になることを夢見る潤平。
              そして、深夜のコンビニで獲物を物色する、連続猟奇殺人犯の男。
              強盗の背後から、高がモップを振り下ろそうとしたその瞬間「うしろだ!」と叫んだ声はどちらのものなのか…。

              連続コンビニ強盗事件の担当となったのは女刑事、風希。
              風希は、強盗犯の共犯者と疑われる潤平に興味を惹かれ、彼に近づいていく。

              彼女は、過去に犯した自分の過ちを許せず、ひとりでいることの孤独を選んでいた。
              潤平も、大切なものを失った空虚さから抜け出せず、孤独を選んだ。
              そして、孤独に耐え切れず、理想の家族を追い求め、犯行を繰り返す男。
              次に男が選んだ相手は、かねてから「突然私がいなくなったら、絶対に探してね」と懇願していた、風希のマンションの隣室に住む女、京子だった…。

              帯に「孤独を抱える男と女の、せつない愛と暴力が渦巻く戦慄のサイコホラー。」とあるように、ほんとにサイコです…。グロいです。

              『家族狩り』を読んでから、私は「天童さんの作品をもっと読みたい病」にかかってしまった…。
              そして、この作品にもやっぱり私の聞きたい言葉が、ふんだんに散りばめられている。
              天童さんの作品にはいつも「家族」というものの形がどんなに脆く、危険を孕んでいるか、ということが描かれているところが、読んでいてなんとなくほっとする。

              普段思っていても、決して人には話せないような、そんな言葉を私は天童さんの作品からたくさん聞くことができる。
              だから、本を読むということは何より自分を安心させるための行為なのかな。
              0

                家族狩り

                幻世(まぼろよ)の祈り―家族狩り〈第1部〉
                天童荒太 2004年 新潮文庫
                ★★★★★

                児童相談センターに勤める氷崎。
                高校の美術教師の巣藤。
                刑事の馬見原。
                「家族」というものに、それぞれ重い問題を抱えている三人の主人公。
                そしてある事件をきっかけに三人はそれぞれ繋がっていく。
                児童虐待、宗教、心の病、家庭内暴力、不登校……ありとあらゆる現代社会につきつけられた問題を凝縮させたような長編小説。

                って、陳腐な書き方しかできない自分が悔しくなるぐらいに、凄まじい小説。
                一昨年の一月から一月に一冊ずつ文庫化されたとき、まるで一月に一回しか会えない彼氏を待ち続ける心境だった。
                待っている間何度も何度も同じ本を読み続けて、それでも飽きることはなかった。
                これほど衝撃的な本には初めて出会ったし、今まで自分がずっと探し求めていた本にやっと出会ったと思った。
                なんでそこまで好きなんだろう?と考えると、巣藤の言葉の一つ一つが、自分の言葉のように思えるぐらい、似ていたからだ。
                きっとここまで思い入れられる本にはなかなか出会えないと思う…。

                0

                  1

                  calendar

                  S M T W T F S
                       12
                  3456789
                  10111213141516
                  17181920212223
                  24252627282930
                  << September 2017 >>

                  読書メーター

                  uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

                  新刊チェック

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
                    uririn
                  • 『痺れる』沼田まほかる
                    uririn
                  • 『絶望ノート』歌野晶午
                    uririn
                  • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
                    いちれん
                  • 『痺れる』沼田まほかる
                    くり
                  • 『絶望ノート』歌野晶午
                    智広
                  • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
                    uririn
                  • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
                    苗坊
                  • 『永遠の0』百田尚樹
                    uririn
                  • 『永遠の0』百田尚樹
                    苗坊

                  recent trackback

                  recommend

                  recommend

                  recommend

                  recommend

                  recommend

                  recommend

                  悪人
                  悪人 (JUGEMレビュー »)
                  吉田 修一
                  読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

                  recommend

                  しずく
                  しずく (JUGEMレビュー »)
                  西 加奈子
                  サイン本買っちゃった。

                  recommend

                  recommend

                  たぶん最後の御挨拶
                  たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
                  東野 圭吾
                  猫なんです…。

                  recommend

                  recommend

                  recommend

                  ねこの肉球 完全版
                  ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
                  荒川 千尋,板東 寛司
                  たまらん。

                  recommend

                  ニャ夢ウェイ
                  ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
                  松尾 スズキ, 河井 克夫
                  たまらん…

                  recommend

                  recommend

                  僕たちの戦争
                  僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
                  荻原 浩
                  とにかくお薦め。

                  recommend

                  出口のない海
                  出口のない海 (JUGEMレビュー »)
                  横山 秀夫
                  たくさんの人に読んでほしい…

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  みんなのブログポータル JUGEM

                  使用素材のHP

                  Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

                  PR