スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ああ正妻』姫野カオルコ

    ああ正妻
    ああ正妻
    姫野 カオルコ 2007/3/30発行 集英社 P.280 ¥1,680
    ★★★★★
    「小早川くんの奥さんというのは、そんなにすごい方なのですか?」
    事実をそのまま語ったところでだれも信じまい。かくして雪穂は、いちどたりとも一瞬たりとも躓くことなく、ひかりかがやく日なかを歩いていくだろう。白い夜ではなく。これまでそうだったように、これからも。主観でのみ生きることの、その鋼鉄の強さ、ダイヤモンドの清澄。なんぴともかなうまい。
    「……大きな窓と小さなドアのある家で、レースを編むような方です」

    ごくごく普通の家庭に育ち、有名私大を卒業後、「ためしに受けた」競争率の高い大手出版社にめでたく入社を果たした、謙虚で自己顕示欲のないまじめな男、これまで複数の女性になどもてたこともない目立たない男、小早川正人。

    そんな小早川の経済力と人柄に「男」としてではなく「夫」としての素質をいちはやく見抜き、デートに誘い、少々こずるい手を使って結婚にまでこぎつけたのは、お嬢さま女子大出身で、同じ出版社でアルバイトをし、「自らの水着姿のテレホンカード」配りで一躍有名になった「噂のバイト嬢」雪穂。

    そして高給取りなうえに、何もかも自分の思うがままになる夫「魔法の杖」のような小早川を手に入れた雪穂が、二人の女の子をもうけ、夢に描く幸せな家庭を築き上げていくのと反比例するかのように、小早川はどんどん自分の居場所をなくしてしまい……。

    小説家、瓶野比織子(かめのひおるこ)が、10年来の知人である大手出版社の編集者、小早川正人から聞かされてきたという結婚生活の全てを、嘘いつわりなく書き上げた(という体裁の?)「いくらなんでもありえない」理不尽な(小早川にとっては)結婚生活を描いた長編小説。

    『ゴールインしてから始まる物語
    奥さんという問題、夫という病。
    妻はミッションスクール卒の「お嬢さま」、娘2人も妻の母校に通い、恵まれた結婚だと人は言う。しかし、その驚愕の実態とは…。』だ、そうで。


    ありえなくもない話だなと思えてしまうのは、友達の話を聞いてても、女の人の結婚観って結構みんなこんな感じかなと…(男の人が聞いたら憤慨しそうだけど)なるほど、こうやって女は自分の思い描く幸せを掴むのかと、それができない私には羨ましいお話で。

    まあ、雪穂も雪穂だけど、小早川も小早川で「妻を性欲の対象として見た事はあっても、愛情を感じたことが一度もない」ことに気付いて愕然としているぐらいだから、これはこれでバランスの取れた夫婦なのかもしれないなと。

    結婚って…したことない私には、こんなことが結婚なら、やっぱりちょっと考えられないなと、改めて考えさせられてしまったかも(まあ、どちらかというと小早川の立場で読んでしまったので、散歩に出かけるのにさえ理由が必要なんて、そんな不自由な生活は絶対耐えられそうにないなと)。

    ところどころ急に話が飛んで、誰の話かわからなくなったり、難しい話になったり、余計な話が多くてよみづらいところもあったけど、ぶさいくなのに、社内人気ナンバーワンの、吉見のもてる理由や、ベストセラー本『しこめのいいわけ』(『負け犬の遠吠え』のこと?)の分析のくだりはなかなか納得で、小早川の身の上を表す「ドナドナ」や、『白夜行』をもじった『白い夜を行く』(妻の雪穂の名前がここから来ていたとは…)にはかなりウケてしまったし。

    そして最後の、小早川の妻への反撃のあまりのしょぼさにも…。

    懐かしい小坂明子の『あなた』の歌詞もこの本の中に出てきたけど、あれって本当はとても悲しい歌だったのだなと、大人になってから気付いてショックを受けた私には、あの歌に出てくるような理想の結婚像(家庭像?)というものが全く浮かばなかったりする…(描くだけ虚しくなるような気がしてしまって)。

    0

      『整形美女』姫野カオルコ

      整形美女
      整形美女
      姫野 カオルコ 2002年 新潮文庫 P.313
      ★★★★
      なぜ甲斐子は愛されなかったのか。愛されているという実感を彼女は持たなかったのか。過去を分析することはさして意味を持たない。分析してもひとつの原因を探り当てることなどできないと大曾根は思う。過去より現在を人は生きているのである。

      それぞれの理由から、同じ病院で美容整形手術を受けた二人の女性。
      一方は、医師の目から見ても、息をのむほど美しく、完璧な容姿を持つ、絶世の美女、繭村甲斐子。
      かたや「これはブスだ…どうしたらいいのだ」と、医師の心の中でつぶやかれてしまう、望月阿部子。

      同じ村の出身で顔見知りの二人は、術後、街で偶然出会い、甲斐子のあまりの変化に愕然とする阿部子。

      大きくて二重だった目を、豆つぶのような目に、鼻は低く、わずかに上向きぎみに、そして透明感のない厚ぼったい肌に、変貌を遂げた甲斐子を見て、阿部子は「医師の失敗としか思えない」と言う。

      甲斐子は、高校の卒業アルバムの甲斐子の写真を参考に、手術を施したという阿部子を見て、「阿部子さんのような美人がわざわざブスに整形するなんて、私には理解できないわ」と言う。

      ほんのちょっと、のつもりが、美容整形の罠にずるずると嵌ってしまった阿部子。
      一方、甲斐子の美容整形は、高校時代から練り上げたという、ある『計画』に基づくものであった…。

      「幸せを夢見て、新しい容姿を選んだ二人。手術後に辿るそれぞれの意外な生き方を軸に、変身願望の虚構を描く。独特の哲学を、ユーモアと格調をもって提示した衝撃の問題作。」だ、そうな。


      甲斐子が考える「美人」の定義は、本当にそうなのかもしれないと思えてしまう。

      かつての自分のような華やかな顔に整形した阿部子を見て、「なんであんなブスに整形したのかしら。美人というのはライトのことではなくて、ライトに照らしてもらう人なのに」と、憐れむ甲斐子の台詞は、かつての甲斐子がそうであっただけに説得力があって…。

      パーティーで誰にも手をつけてもらえない豪華なロブスターの例えも、すごく解りやすい。

      確かに、男にもてもてなのは、近寄り難い美女なんかじゃなくて、昔の大場久美子のキャッチフレーズみたいな女の子の方だと思う(でも、なれるもんなら、やっぱり絶世の美女になってみたい気もするけど)。

      「ビュティーコロシアム」なんかで、本当にすごく綺麗になって、明るくなった(と、思える)彼女達を見てると、美容整形も悪くないのかも…と思ってたけど、やっぱり色々な弊害もあるんだなぁと、つくづく考えさせられて、「整形はよそう」と思った(そんなお金もないけど)。

      同じ頃、美容整形によって顔を入れ替えたかのような二人の、どちらが幸せに選ばれるのか…結局は、外見をいじっても、そこは変わらないのかな。

      「あなたがまちがえて整形したまちがった外面を、あなたの内面が追いかける」という台詞がとても印象的だった。

      に、しても、鼻からシリコンが出てるかもしれない…と、びくびくして、「これが鼻くそでありますように…」と切願するなんて…本人は深刻だから、笑ってはいけないんだろうけど、面白すぎる…。
      0

        1

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR